上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.01.07 居酒屋 槻
IMG_2136b.jpg

居酒屋 槻

昭和を感じさせる入口の構えがなんとも気になっていました。
創業40年を迎える大衆酒場にいざ突入。

山形の地酒、鯉川に、お造り盛り合わせ、てんぷら盛り合わせの「晩酌セット」が1,500円。
今夜はこれでお試しです。
ご年配のご主人は、愛想よくもなく、悪くも無く、いい感じです。

おっと、注文する前に「お通し」が出てきちゃいました。

女将さん(?)の、要領得ぬ新参者へのイラっとした空気感がまたいい。
(結局お通し代は付いてましたが)
このぎりぎりの緊張感こそ、初入店の醍醐味ですな。
真新しい居酒屋には到底真似できません。
お客さん怒らせて終わりですわ。

お味のほうはなかなか上品でよかったです。
吟味した純米酒が、一合670円~1,130円。
老舗店の割に昨今の純米酒ブームをよく分かっておられるのか、
3種味比べセットなんかも用意しておられます。

しかし、気になるのは大衆酒場にしては、いい値段。
大将、大衆には敷居がちと高いですぞ、と思ったものの、
店を出てから看板をよく見てみれば、
大衆は大衆でも、大衆割烹と書いてありましたがな。
にゃーる程。

<記>
店名/槻
場所/天神橋筋商店街3丁目
形態/大衆割烹
メニュー/いろいろ
値段/それなり

IMG_2135b.jpg IMG_2134b.jpg
スポンサーサイト
IMG_1984b.jpg

一途(いっと) 2015年9月頭オープン

この界隈に、辛通には知らぬ人のいない「辛いカレーハチ」という店がありました。
その店舗を継いだ「スズメバチ」さん、
あっという間に多店舗化して業績を伸ばしておられるようですが、
本店の方は、厳しいハチラー達の舌に認められなかったのか、閉めておられました。

その跡、手の込んだ工事の末にオープンした店は、ちょい飲み屋さんでした。
可愛いママさんと女性スタッフで切り盛りしておられます。
カウンターが道路に面しているので、入りやすそうです。

セグメントしたお酒とお得意の手料理が並んだこ洒落たお店。
イスは置いてありますが、ほとんど立ち飲み感覚ですね。
ママさんお薦めの日本酒は「亀齢」という広島の地酒。
すっきり辛口の純米吟醸、おいしくいただきました。

<記>
店名/一途(いっと)
場所/天神橋2丁目、ハチの跡
形態/ちょい飲み屋さん
メニュー/手料理いろいろ
値段/たくさん飲んだらそれなりですね
IMG_2065b.jpg

天神橋筋商店街の2丁目、
但馬という居酒屋さんの跡にできて比較的新しい店ですが、今般リニューアル。
いくらしっかりした店でも、商売、簡単にはいかないよという例でしょうか。
努力は感じられます。
(広告展開もぜひ!!)
昔ながらの洋食屋さん、とうたう様に、リニューアル前より敷居を低くした感があります。

店員さんは、年配の男性が厨房に3名、ホールに2名、動ける女性が1名、
リニューアル直後の応援体制のようですが、
今日はかなり混乱していました。

黒毛和牛のビーフカレーは良く作りこんだ味で美味しいですが、少々塩辛かったかも。
ビーフは、、黒毛和牛とうたう割にはちょっとかわいいかも。
、、店出てからメニュー見たけど、サラダ忘れてるやん。
ま、今日はこんな日なのでお咎めなしといきましょう。
(寛大な俺)
応援の意味も込めて、写真を多目にUPしておきます。
(応援する俺)
さあ、これで午後の仕事も、元気モリモーリいきましょう!
(ポジティヴな俺)

<記>
店名/昔ながらの洋食屋さん モーリ亭
場所/天神橋2丁目
形態/レストラン=洋食屋さん
メニュー/ランチメニューのひとつとしてのカレー
添え物/オニオンコンソメスープ、サラダ
値段/800円

IMG_2066b.jpg IMG_2063b.jpg IMG_2064b.jpg
                       (お酒は安いかもね)
IMG_0972_2.jpg

自家焙煎の店、「川崎珈琲商会

いち押しはオリジナルの「天神ブレンド」。
コクのあるグァテマラをメインに、少し酸味のある豆を混ぜた深煎り。
珈琲の味わいが楽しめます。

他に、時節のオリジナルブレンドやスペシャリティ珈琲もそろっています。
夕方になると、珈琲を煎(い)る い~香りが漂ってきます。

珈琲は、なんといっても、煎(い)りたて、挽(ひ)きたて、淹(い)れたて、が一番!
そんな基本を教えていただいたお店。
職場で毎朝珈琲をドリップして飲む習慣ができました。

天神橋2丁目、
商店街のローソンのある角(天神さんの正門前の東西の通り)を西へ折れてすぐ右手、
30年以上に渡って仲のよいご夫婦が営んでおられます。

IMG_0973_2.jpg
48_1.jpg

“和Cafe 間に間に”改め、
“Oeuf Cafe 間に間に”(ウッフカフェ マニマニ)として
リニューアルオープンしていました。
似たような名前だけど、経営が替わったとのこと。

カレーライスのほうは、、、
見栄えも味も変わっていました。。。
(肉は入ってました)

店の落ち着いた雰囲気は変わってませんね。。。

<記>
店名/Oeuf Cafe 間に間に
場所/天神橋2丁目
形態/単独店、喫茶店
メニュー/カレーライス、他喫茶メニュー
値段/600円
添え物/ミニサラダ 、ゆで卵半分、福神漬

48_2.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。